Loading...

埼玉・東京・千葉・神奈川で注文住宅・建て替え・新築ならLOHASTA home(ロハスタホーム)へ | 緊急事態宣言発令に伴うOKUTA Familyの方針と対策

緊急事態宣言発令に伴うOKUTA Familyの方針と対策


一級建築士事務所 株式会社 OKUTA(オクタ:本社 埼玉県さいたま市 会長 奥田イサム)とその子会社を含むOKUTA Familyは、政府による緊急事態宣言の発令に伴い、新型コロナウイルス感染拡大防止のために以下の対策を講じます。

これまでも、オンライン相談の実施やショールームを完全予約制にて対応、社員のピーク時間帯を避けた電車利用や在宅勤務などを実施していましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止に今一度努め、お客様をはじめ、社員とその家族、並びにサプライヤーの安全確保を第一とするため、あらゆる活動を極限まで自粛し、社員に対し自宅待機・在宅勤務を指示し、外出自粛の要請を行います。

ただし緊急を要する工事、水回りなどのライフラインに関わる工事は、テレワークやオンラインシステムを最大限に活用し対応に努めます。

緊急対応の受付を含むコールセンターを有するCRM事業部は、仮設分室を設置して、コールセンターを2拠点で運営し合理的にシフトを組む事で、3つの密(密閉・密集・密接)を避け、徹底した感染防止対策を実施した上で業務を行います。また、緊急事態発令期間中はコールセンターの営業時間を9~18時に変更します。

施工現場については、お客様・サプライヤー・弊社の三者合意のうえで施工の停止か稼働かの判断をします。稼働する場合は、感染拡大を防ぐため、閉め切りでの作業は厳禁として常時換気を行い、同室多人数での作業は1.8m(一間)の間隔をあけ、検温、指定したマスクと手袋の着用、消毒を行い、感染防止対策を最大限講じた上で、状況を確認しながら慎重に行います。なお今後の感染拡大状況をみてサプライヤーに対し指定ゴーグルの着用を義務づけます。

期間は原則、政府による緊急事態宣言発令期間に準じます。

 

OKUTA Family取締役会会長
株式会社OKUTA
代表取締役会長 奥田イサム