Loading...

注文住宅・建て替え・新築ならLOHASTA home(ロハスタホーム)へ | 性能グレード比較

GRADE

性能グレード比較

passiv designの3つのグレード

ZEH基準を上回る断熱性能がLOHASTA homeの標準仕様

LOHASTA homeの標準仕様である「STANDARD QUALITY」でも、ZEH基準となるUA値≦0.6[W/㎡k]を上回るUA値0.5以下を確保しています。
これは「HEAT20 G1グレード」相当の断熱仕様に当たりますが、更なる断熱性を求める方のご要望にもお応えできるよう、
最高で、ドイツパッシブハウス認定を受けれるレベルの仕様と技術を有しています。

【ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは】
「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、
再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」を言います。
要約すると、断熱性能を上げ、LEDや高効率な給湯システム、HEMSなどの設備を導入することにより省エネを実現し、
太陽光発電システム等を使用して創り出されるエネルギーが、消費するエネルギーを上回るようにした住宅のことです。

経済産業省の省エネルギー政策の一つで、
「2020年までに、ハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数で、ZEHを実現する」という政府目標が掲げられています。
(株式会社OKUTAは平成28年にZEHビルダーに認定されました)

  • ZEH基準相当

    STANDARD QUALITY

    ZEH基準相当
    ※LOHASTA home標準仕様
  • HEAT20 G2グレード

    HIGH QUALITY

    HEAT20 G2グレード
    ※6地域
  • ドイツパッシブハウス認定基準相当

    ULTRA HIGH QUALITY

    ドイツパッシブハウス認定基準相当
    ※HEAT20 4.5地域
passiv design性能仕様表
飛躍的に削減できる光熱費。太陽光を併用すれば光熱費0円も実現可能!

断熱性能を向上させると、少ないエネルギーで家を暖めることができるようになります。
それによりエネルギー消費量、光熱費を大幅に削減することが可能です。
一般の住宅では、35年間で試算すると約896万円の光熱費がかかります。
その金額だけでも大きいですが、それだけ地球や環境に負担をかけていることになります。

飛躍的に削減できる光熱費

STANDARD QUALITYの施工実例

「STANDARD QUALITY」は躯体性能がZEH基準相当を有したモデルとなります。
断熱材にはEMセルロースファイバーを標準採用し、サッシもオール樹脂Low-eペアガラスを採用しています。
STANDARD QUALITY でもトップランナー基準を上回る断熱性能があり、
気密性能を表す「C値」も基準値1.0㎠/㎡以内としています。(C値について平均実測値は0.5㎠/㎡)
構造についてもLOHASTA homeは全棟で構造計算を実施し、
耐震等級3を取得しています。

HIGH QUALITYの施工実例

「HIGH QUALITY」は、世界一の断熱大国ドイツで義務化されている基準値相当である、
UA値0.45まで断熱性能を引き上げたモデルになります。
屋根には300mmのEMセルロースファイバーを施工し、
換気には弊社建材部門の【OK-DEPOT】のオリジナルダクトレス熱交換器、
「passiv fan」を採用し、換気時の熱効率もUPさせることでUA値0.45を実現しています。
付加断熱にはEPSを採用し、外部付加断熱と充填断熱で130mm以上の断熱層を確保します。

ULTRA HIGH QUALITYの施工実例

「ULTRA HIGH QUALITY」は、HIGH QUALITYよりさらに断熱性能を上げた、UA値0.3となるモデルです。
ドイツパッシブハウス認定基準相当となり、国内でもTOPレベルの断熱性能を有したmodelとなります。
屋根には400mmのEMセルロースファイバーを施工し、壁には100mmの付加断熱が施されます。
C値は0.4以下が基準値となります。
床下エアコンなども採用しており、室内の温度差が限りなく少ない住宅です。
ULTRA HIGH QUALITY案件は、弊社の研究機関である「OKUTAサスティナブル建築研究室」の技術顧問をしている
秋田の建築家「西方里見」氏に監修に入ってもらい、研究室メンバーも携わっていきます。

ULTRA HIGH QUALITYの施工実例

【2017年 ドイツ・パッシブハウス研究所よりLow Energy Buildingの認定を取得 】
Low Energy Buildingとは、
今後ドイツで義務化するといわれている省エネ基準に準拠した認定で、建物個々の解析結果・現場実証データを元に、
ドイツパッシブハウス研究所の性能基準に適合するものです。

仕様説明
仕様説明
  • EM セルロースファイバー

    EM セルロースファイバー

    セルロースファイバーとは、新聞古紙からリサイクル生産される環境配慮型断熱材です。多くの空気を内包しており、その対流を生まない空気は、 断熱性能や防音・吸音性能を発揮します。また、素材自体に調湿性があります。
  • 高断熱・高気密を実現する高性能サッシ

    高断熱・高気密を実現する高性能サッシ

    断熱・気密性に優れた、樹脂サッシと木製サッシを採用します。ガラスはトリプルガラス。建物や開口部の向き、位置、形状を工夫し、その地域特有の卓越風を取り込む工夫をしているので空調に依存せず、快適な室内温熱環境、冷房エネルギーの削減を実現できます。
  • EM 珪藻土

    EM 珪藻土

    珪藻土とは、火に強い土として、耐火断熱レンガなどの原料として使用されてきました。無数の気孔を含む 珪藻土は断熱効果に優れ、外気温に影響されにくい性質を持っています。さらに調湿効果や消臭効果など、さまざまな効果に優れております。
  • ダクトレス熱交換換気システム

    ダクトレス熱交換換気システム

    顕熱・潜熱とも排気熱を無駄なく活用し、熱交換率 90%以上の高効率換気システムを採用。冷暖房の負荷を低減し、コストを抑えながら地球温暖化防止にも有効です。
  • 太陽光発電

    太陽光発電

    太陽という無限でクリーンなエネルギーを発電や給湯に有 効利用することで、年間エネルギー消費効率を向上させることができます。また、HEMSによる消費電力の見える化 により意識の啓蒙も図ります。
  • 床下エアコン冷暖房システム

    床下エアコン冷暖房システム

    床下で温められた空気は基礎全体にいきわたり、直接人体と接する床を温めます。そして、その暖かい空気は床の複数個所ある吹き出し口から、各居室へ供給されます。
  • コラボレーション家具

    ”KOMA” とのコラボレーション家具

    据え付けの収納棚や、TVボードは家具工房KOMAとのコラボレーションによってデザイン・製作した特注家具です。 自然素材を用いたナチュラルな雰囲気の空間にマッチしたデザインと機能性を兼ね備え、日々の生活に楽しさを与えてくれます。
  • 長期優良住宅性能基準

    長期優良住宅性能基準

    国土交通省による「長期優良住宅法」の性能基準を満たすことをミニマムスタンダードとし、長寿命化や省エネなど、次世代へ継承できるストック型の住宅です。
  • 耐震性能 等級3

    耐震性能 等級3

    建築基準法の耐震基準の 1.5 倍(住宅性能表示耐震等級 3)の性能としています。
  • 太陽熱温水器

    太陽熱温水器

    南西側バルコニーの側面に太陽熱温水器用の集熱パネルを設置しています。エコジョーズとの連携により給湯の省エネ化を果たしています。
  • 蓄熱利用

    蓄熱利用

    サンルームは日射を効果的に蓄熱利用するための工夫を施しています。サンルームの床にはタイルを使用しており、冬場のやわらかい日射がタイルを温めます。夜間はその蓄熱されたタイルから輻射熱を得ることができます。
  • 日射取得

    日射取得

    南側に突き出すように、吹き抜けも備えたサンルームを設置しています。これにより冬場の低い日射を効率的に、部屋の奥まで取り込むことが可能となります。サンルームの床には蓄熱体となるタイルを設け、外部にはブラインド設けるなど、年間を通じた日射コントロールを実現しています。
  • 日射遮蔽

    日射遮蔽

    夏は日差しを外部で遮ることで、室内温度の上昇を防ぎ冷房効果を高め、冬は太陽光を効果的に取り込み室内の空気を暖め、暖房効率を上げることができます。外付けブラインドは、日差しや風を効率よくコントロールすることで地球環境を大切にし、快適な暮らしを送るために多くの役割を果たします。
ギャラリー

OKUTA サスティナブル建築研究室

OKUTA サスティナブル建築研究室
原子力や化石燃料などのエネルギー消費を抑え、100 年間住み続けられる家づくり。

私たちが取り組んでいるのは、超断熱高性能な住まい「passiv design」の家。
家の耐久性や耐震性を高めるだけではなく、断熱、太陽の光、風、地中の熱、自然素材、省エネ機器を効率よく取り入れ、家そのものの性能を上げることで、快適な暮らしの実現と地球環境への負荷も軽減します。その断熱性能は、環境先進国ドイツのパッシブハウス基準相当の数値も実現しています。
私たちは、こうした住宅の研究を常に推進させるために、専門の研究チームとして、「OKUTA サスティナブル建築研究室」を設立しました。
メンバーには技術部門の各リーダーを招集し、技術顧問として西方里見氏を招き、監修を頂いています。

「OKUTA サスティナブル建築研究室」技術顧問西方里見氏
  • OKUTAでは、技術顧問に住宅断熱の第一人者である西方里見氏を迎え、
    エネルギー資源減耗時代を見据えた超断熱高性能な住宅として、
    LOHAS studio の提供する【passiv design】を監修しています。
    ( 有 ) 西方設計代表 北海道室蘭工業大学で寒冷地建築、
    青野環境設計研究所で木と木造住宅を学ぶ

    【西方里見氏の受賞歴】
    2016年 「エコハウス・アワード」エコハウス大賞 受賞
    2008年 「サステナブル住宅賞」国土交通大臣賞 受賞
    「東北建築賞」作品賞 受賞(設計チーム木)
    「JIA環境建築賞」優秀賞 受賞(設計チーム木)
    2007年 「木の建築賞」優秀賞 2作品受賞(設計チーム木)
    2005年 「第19回秋田の住宅コンクール」優秀賞 受賞
    2004年 「銘木大賞」大賞
    「魅力ある秋田スギ活用住宅」最優秀賞 受賞
    「秋田の住宅コンクール」最優秀賞 受賞
    2002年 「秋田県優良木造施設等の表彰」受賞
    「住宅月間功労者表彰」国土交通大臣表彰 受賞
    2001年 「大地に還る家」 優秀賞 (財)住宅産業研修財団
    2004~1987年 「秋田の住宅コンクール」 最優秀賞(5回)優秀賞多数
    1999~1995年 「住宅コンクール」新住協 最優秀賞(3回)
    1996年 「オフィスインテリア」 木高研 最優秀賞
    1993年 「省エネ住宅賞」入賞 (財)住宅建築省エネルギー機構
    1991年 「ハウジング大賞」大賞
    1985年 「家づくり85」優秀賞(座長)建設省

  • 技術顧問西方里見氏
  • 日本の建築を変えた50人+α

    建築知識(エクスナレッジ)2013年3月号 「日本の建築を変えた50人+α」に選出。

  • 第3回サスティナブル住宅賞・国土交通大臣賞受賞、著書「プロとして恥をかかないためのゼロエネルギー住宅のつくり方」、「外断熱が危ない」、「最高の断熱・エコ住宅をつくる方法」