Loading...

注文住宅・建て替え・新築ならLOHASTA home(ロハスタホーム)へ | HEAT20 G2グレードを目指す!上棟から気密測定まで

HEAT20 G2グレードを目指す!上棟から気密測定まで

2019.11.28

大谷 金秀大谷 金秀

投稿が遅れてしまいましたが青梅プロジェクトは今月無事に上棟し本格的に大工工事が始まりました。

耐震等級は3、間取り中央部にある階段室を構造コアとし耐力壁を集中させることで外周、特に南東側に比較的大きな開口部を設けるように計画しています。

土台には4寸檜KD、柱には4寸杉KD、梁には中国木材のハイブリッドビームを採用し、国産材に拘っています。

 

本日、セルロースファイバー充填前の気密測定を終えました。結果はc値0.3です。

外部面材ジョイントの目張りをしっかりして頂き良い数値をだしていただきました。

どこを気密処理すれば良い結果が出るのか、熟知したスタッフによる測定です。これは多くの経験がないとわからない感覚です。

 

来月からいよいよ断熱工事が始まります。壁充填セルロースファイバー120ミリに外断熱性EPS50ミリ、屋根断熱は300ミリを予定しております。

断熱工事完了のタイミングで年明け1月12日には断熱見学会も予定しております。

HEAT20 G2グレードの施工現場にご興味がございましたらお気軽にご連絡下さい。

 

 

 

この記事を書いたスタッフ