Loading...

埼玉・東京・千葉・神奈川で注文住宅・建て替え・新築ならLOHASTA home(ロハスタホーム)へ | 省エネ住宅の第一人者「西方先生」も認めた、外付けブラインド【passiv blind】とは?

省エネ住宅の第一人者「西方先生」も認めた、外付けブラインド【passiv blind】とは?

2020.07.29

鈴木 千春鈴木 千春

こんにちは~

まさかの梅雨明け8月疑惑ですね。ちょっとびっくりです…。

 

さて、前回のブログにて”夏の外付けブラインドの有効性”をお話しましたが、今日は弊社の外付けブラインドをご紹介します。

 前回のブログ→https://lohasta.jp/blog/chiharusuzuki/6397/

 

 

■外付けブラインド【passiv blind】の特徴■

 

1、「日射コントロール」に優れている

スラットを調整することで、夏の強い日差しを遮り、冬の温かい光を取り入れるよう季節に合わせて調整ができます。

 

2、「風通し」を確保できる

夏は、日射を遮りながら冷房だけに頼らず、心地よい風が室内を通りぬけ、

冬は、暖かな日差しを取り込みプライバシーを遮断しながら外気を取り込み、換気することができます。

 

3、「断熱」にも一役

断熱といえば、外壁などの断熱材を思う方が多いかと思いますが、実は熱を一番通しているのが「窓」です。

夏は、外付けブラインドが窓の外で日射を遮り、室内の温度上昇を防ぎます。

冬は、外付けブラインドが外壁とブラインドの間に空気の層を作り室内の温度を逃がしません。

 

4、「省エネ」効果が高い

室内ブラインドは、夏の日射により表面温度があがり、室内の温度を上げる原因となってしまいます。

外付けブラインドは室内への熱の侵入を防ぐため、室内の温度上昇を防ぎ、冷房の効きをよくします。

冬は窓から熱が逃げるのを防ぎ、外気の侵入を防ぐことで、暖房の効きをよくします。

 

5、プライバシーが守られる

スラットを調整することで、風や光を取り入れながら外からの視線をカットすることができます。

 

 

 

■【passiv blind】と他の外付けブラインドの違い■

 

1、デザインが豊富

カラーは24色の標準色のほかオプションカラーもあります。

 

2、サイズが豊富

サイズは1mm単位でオーダー可能です。

 

3、価格バリエーションが豊富

開閉は手動と電動があり、電動の場合は一括制御も可能。

その他、風に強いタイプや有孔タイプなど、高機能な商品もあります。

 

製品は世界中で使用実績のある安心の海外製品です。

ヨーロッパの環境先進国では外付けブラインドはメジャーな存在なのです(^^♪

 

⇒passiv blind詳細はこちらをご覧ください。

 

 

 

ちなみに…かれこれ5年前の話ですが…

「エコ住宅の達人 西方里見が選んだこの建材・設備がスゴい」(2015年9月29日/株式会社エクスナレッジ発行)

にて「passiv blind」が「オススメ開口部材24選」の一つとして紹介されています。

★西方里見先生について★

西方先生はエコ住宅・省エネ住宅の第一人者として知られる建築家で、

住宅の高断熱・高気密化や、人体への負荷が少ない建材の提唱・実践者として『日本の住宅を変えた50人+α(「建築知識」700号記念号特集)』の一人にも選ばれている

知る人ぞ知るすごい先生です( `ー´)ノ

 

 

エアコンなどの最新設備で快適なお家も素晴らしいですが、

太陽や風など自然の力も最大限活用して、さらに快適な生活を目指す…それがpassivの考え方です。

【passiv blind】は、まさに太陽と風を上手にコントロールして快適な生活を実現するスゴイ建材です!

 

この記事を書いたスタッフ