Loading...

注文住宅・建て替え・新築ならLOHASTA home(ロハスタホーム)へ | 断熱材は何がいい?断熱材の王様「セルロースファイバー」

断熱材は何がいい?断熱材の王様「セルロースファイバー」

2018.10.20

鈴木 千春鈴木 千春

こんにちは~寒いですね。

最近は、トレンチコートにストール?マフラー?まいて出勤。

みんなに「真冬か!?」と突っ込まれてます。

冬…越せるかな( ゚Д゚)

 

 

寒い冬。「あったか~い」と感じるお家に住みたいですよね。

そのためには、お部屋の表面温度(壁とか屋根とか)が

外気温の影響を受けないことが大切なのです。

すなわち、断熱が大切ということです!!

 

断熱がしっかりできていれば

必要以上の暖房で、モワモワ不快なお部屋にする必要がありません。

光熱費もその分おさえられますよ(^^)

 

*******************************************

 

では、断熱性を高めるにはどうしたらいいのか…?

お家をすっぽり隙間なく断熱材で包んであげることが大切です。

そう、【隙間なく】がとっても大切。

 

真冬の寒いスキー場。ほんの少し車の窓を開けたら

あっという間に車内の温度が下がってしまった経験は無いですか?

暖かい空気は密度が軽く、冷たい空気は密度が重いため

小さな隙間からでも暖かい空気は外へ逃げてしまいます。

だから断熱材も隙間無く施工されることがとても大切です。

 

そこで、有効なのが「セルロースファイバー」です。

セルロースファイバーは新聞紙を細かく刻んで繊維化したものです。

新聞紙って…くるまってみると暖かいですよね。

あれをフワフワの繊維の状態にして、

壁の中にギュウギュウに隙間なく充填します。

施工は技術研修を受けた、専門の技術者でしか行えません。

 

壁の中に隙間なくギュウギュウにつめられたセルロースファイバー。

木繊維のため、空気自体は繊維の間に含んでおります。

空気はじつはとっても高断熱。

沢山含んだ空気により、セルロースファイバーは高断熱性能を生み出しております。

他にもセルロースファイバーにはたくさんのメリットがあります。

 

【知っておいてほしい セルロースファイバーのメリット色々】

★吸放湿性能があるので、快適な室内環境をつくりだします

★ホウ酸による防カビ、防虫性能があります

(ホウ酸の人体への蓄積残留はほぼありません。ホウ酸は目薬にも使用されています)

★耐火性能もあり、難燃性で延焼しにくく、万が一燃えても有毒なガスは発生しません

★吸音遮音性能もあります

★製造時のエネルギーもあまりかからず、環境にやさしいエコな断熱材です。

 

 

日本の夏は湿気が多いですよね。

湿気対策を怠ると、壁や床でカビが発生することがあります。

吸放湿性能のない断熱材を使用することで、

壁の中で結露が発生し、カビや柱を腐らせる原因になることもあります。

日本の気候にあった建材を選びたいところです。

 

魅力たくさんのセルロースファイバー。

やっぱり「断熱材の王様」といっても過言ではありません( `ー´)ノ

 

*******************************************

 

ちなみに弊社では、地元の古紙を使い、セルロースファイバーを自社工場で生産。

流通コストを下げ、多くの地域の皆様に使用していただけるようにしております。

地産地消の建材です。

 

 

この記事を書いたスタッフ