Loading...

埼玉・東京・千葉・神奈川で注文住宅・建て替え・新築ならLOHASTA home(ロハスタホーム)へ | こんな時代だからこそ見直したい二世帯住宅【施工事例紹介♪】

こんな時代だからこそ見直したい二世帯住宅【施工事例紹介♪】

2021.02.16

鈴木 千春鈴木 千春

こんにちは~。今日はポカポカいい気持ちの日ですね。

絶対花粉がすごそうですが、思わず布団を干してしまいました(‘ω’)

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

さて…本日は二世帯住宅のお話をしたいと思います♪

 

幼いお子様がいる共働き世帯では、休みの日に急な仕事が入ったり…

大人がノロウイルスで倒れたり……我が家のことですが(;^_^A)

と予測不能なことが多々起こりますよね。

そんな時に、ご両親が頼れるところにいらっしゃるととても心強いものかと思います。

 

はたまた私もそうですが、高齢の両親が心配だったり、

高齢の両親が私を心配していたり(笑)

これまた近くにいてくれるといいなと思ったりします。

 

今日は改めて2世帯住宅ってどういうものかを見て頂ければなぁ~~~と思い、

2軒の二世帯住宅を紹介してみようと思います(‘◇’)ゞ

 

こちらのお家は2階建てで、1階が親世帯、2階が子世帯のお家です。

玄関が1つ(共同)で、玄関ホールを隔てて各世帯の部屋に分かれます。

各フロアにLDK、収納、洗面浴室、トイレ、寝室等、必要なものがそろっているため、

フロア内で完結して生活ができます。

外に出ることなく、世帯間の移動が可能なので気軽に行き来できますね(‘ω’)

↑ 2階。子世帯のリビングダイニング。

 

↑ 1階。親世帯の和室&リビングダイニング

 

↑ 玄関。右手側の引き戸から子世帯へ、左側の開き戸から親世帯の部屋に入れます。

右手側に見える黒い壁は黒板です。外出等で顔を合わせることが出来なくても

連絡事項等やり取りできますよ♪

 

 

続いてのお家は3階建て。1階が親世帯、2~3階が子世帯となっています。

これまた親世帯、子世帯でそれぞれ必要な水回り等の設備が設置されています。

そして、こちらは玄関を別にしたタイプのお家。

帰宅の遅いご主人(息子様)がご両親を想ってそのような設計となりました。

↑ 右手側が2階へ続く玄関。正面が1階の玄関

↑ 1階。親世帯のリビングダイニング

↑ 2階。子世帯のリビングダイニング

 

今時は普段の生活は別々で、なにかある時は気軽に行き来できるような二世帯が主流ですね。

程よい距離感があるので、二世帯ってすごく堅苦しそう…なイメージの方も

意外に快適に生活できるかもしれませんね(*´▽`*)

 

この記事を書いたスタッフ